初級クラス

 

 

初級クラスでは、

将来バレエダンサーとして大きく羽ばたくために大切な

ポジション(型)の基礎を練習します。

 

基礎からのクラスとなりますが

グラン・バレエ・アカデミーのレッスンでは

まずは楽しむことが一番大切だと考え、

初めてバレエを習う子にもわかりやすく、丁寧な指導を心がけています。

 


対象:小学1年生~4年生

レッスン内容

 

初級クラスを受講している生徒さんは、

クラスの始まる少し前に来て自分からストレッチを行っています。

レッスンが始まると、歴史あるバレエの流派のひとつである

ワガノワメソッドに沿ったレッスンを行います。

 

まずはスタジオの壁に取り付けてある「バー」を使ったレッスン。

このレッスンでは講師のお手本を見ながら一曲分の振り付けをその場で覚え、

基本となるバレエの型を見につけます。

グランプリエと呼ばれる最も基礎的な形からはじめ、

個人のペースに合わせて少しずつ複雑なものへと発展し、

グランバットマンと呼ばれる少し高度な形までを一通り練習します。

 

次にセンターレッスン。

ここでは基本的なジャンプやターンなどを少しずつ何度も練習します。

自分ではきれいに踊れていると思っていても、人が見ると微妙に軸がずれていたり、

リズムにのりきれていなかったりするものです。

 

グランバレエでは身体全体の使い方から細かな指先の見せ方までを

ひとりひとり丁寧に指導し、より美しく踊れるように、

また生徒さん自身がよりバレエを楽しめるように、真剣な指導を心がけております。

 

3年生になった生徒さんはトウシューズを履き、さらに上のステージへ。

いままでよりももっと難しい技術を身につけ、芸術的なセンスを磨き、

バレエをより深く学ぶ段階へと入っていきます。

レッスン前のストレッチって?

 

ストレッチはスムーズにレッスンに入るために行う準備運動です。

バレエを美しく、ケガの無いように踊るためには身体を柔らかくしておくことが

何よりも重要なため、準備体操はしっかりと行うように指導しています。

  

グランバレエに通う生徒さんは、

可能であれば30分前にはスタジオに来て個人でストレッチを行っています。

 

実際のストレッチでは、床に座った状態で、足先の運動や筋肉の柔軟などを行います。

効果的にウォーミングアップをするため、

タオルやテニスボール・ゴルフボールなどを使ったストレッチ法なども丁寧に指導しております。

身体が柔らかくなってくるとストレッチ自体がとても気持ち良い動作になるため、

みんなのびのびと楽しんで行っているようです。

 

ストレッチは、動きやすく、かつ身体を冷やさないような温かい服装

(普段はTシャツ、冬場はジャンパー・レッグウォーマーや靴下などを着用)で行います。

 

ストレッチをしっかりと行って身体が十分暖まり気持ちが引き締まったら、

レッスンが始まる前にウォームアップ着を脱いでおくようにします。